ニュース


憲法抜粋

第2章 戦争の放棄
 
第9条 
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

第3章 
国民の権利及び義務

第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
 
第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
2 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
3 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

第24条 
婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。

第25条 
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平和を未来につなげる

 
 

   

女性「九条の会」9月学習会のお知らせ

進む政治の私物化 瓦解する官僚たち
〜安倍政権とメディア〜

講師 望月衣塑子さん

終了しました。講演内容はニュース46号をお読みください

 


望月衣塑子(もちづきいそこ)さんプロフィール

1975年、東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、東京・中日新聞入社。千葉、埼玉など各県警、東京地検特捜部、東京地高裁の裁判担を経て経済部に復帰。社会部で武器輸出、軍学共同を主に取材。著書:「世界」6月「国策化する武器輸出」「武器輸出と日本企業」(角川新書)、「武器輸出大国ニッポンでいいのか」(あけび書房)、「新聞記者」(角川新書)、「THE 独裁者」(KKベストセラーズ)、「追及力」(光文社)。昨年、平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞を受賞。2児の母。

渡辺治さんの講演
憲法問題をめぐる最新情勢

内容は、ニュース45号をお読みください。


 

女性「九条の会」の事務所

 〒112-0012
東京都文京区大塚4−40−1−2F (株)新協 気付
電話番号    03-5981-8441
FAX    03-5981-8474

E-メール  josei-9jonokai@aioros.ocn.ne.jp

ホームページは    zyosei9zyo.com



    


池田香代子
翻訳家
内海愛子
早稲田大学大学院
客員教授
江尻美穂子
元YWCA理事長
大原穣子
方言指導
小山内美江子
脚本家
北沢洋子
国際関係評論家
小林かつ代
料理研究家

  坂本福子
 故人・弁護士

瀬戸内寂聴
作家
鶴見和子
故人・上智大学名誉教授
中島通子
故人・弁護士
羽田澄子
記録映画作家
本尾良
市民運動家
湯川れい子
音楽評論家
吉武輝子
故人・評論家
渡辺えり
制作・演出・女優